本文へ移動

透析

透析室紹介

透析医療は医師、看護師、臨床工学技士をはじめとした、スタッフの連携とチームワークが大切であり、スタッフ一同が患者に最適な医療と安心感を体感していただけるよう、万全の体制を整えています。

当院では、シャントなどのバスキュラーアクセス(血液透析を行う上で必要な血液の出入り口)の管理も積極的に行っており、MRIや超音波検査、必要時には造影剤を使用しての血管造影を行い、早期診断と治療に努めております。

急なバスキュラーアクセスのトラブル時にも、PTA(経皮的血管拡張術)、血栓除去など多岐にわたり迅速に対応いたします。

人工透析室

当院では2室の人工透析室を備えてり、一度に最大25名までの血液透析を可能としています。
 
1階人工透析室(10床)
外来患者専用となっており、自立支援も兼ねて、可能な限りの準備をご自分でなさって頂いております。
 
3階人工透析室(15床)
一般病棟に併設しておりますので、入院患者が主となりますが、一部外来患者もおられます。

スタッフ紹介

透析を始めるにあたり、たくさんの不安や心配に抱かれているかと思います。
私たちは、患者そしてご家族さまとのコミュニケーションを大切にして、十分にご納得・ご満足いただける透析医療の提供に努めております。
 
・医師 1名
看護師 10
・臨床工学技士 9名
 
 

腎臓ってどんな臓器?

形:そら豆の形をしています
大きさ:握り拳の大きさ
位置:お腹の後ろ側、背骨を挟んで左右に1つずつある
 
尿を作って老廃物の排泄や体内の水分調節をしています。ところが病気で血液を濾過する腎臓の機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。この結果、体内に不必要なものや有害なものが溜まってしまいます。

腎不全とは

腎臓の病気で、血液を濾過する機能がおち、老廃物を十分排泄できなくなり、それに伴う身体症状が現れてきます。
一般的に腎臓の働きが正常の15%以下に低下した状態を腎不全といいます。
 
慢性腎不全になると、腎臓の機能は回復することができません。よって腎臓の機能を代行する血液透析が必要となります。
 

尿毒症(症状)とは

腎機能が著しく低下して、様々な老廃物などが体内に溜ることによる症候群をいいます。心臓・消化器官・脳神経系など他の臓器にも影響・障害が起こります。また骨髄の造血機能を低下させるので貧血にもなります。尿毒症に伴う貧血を腎性貧血(じんせいひんけつ)と呼びます。
尿毒症を放置しておくと、数日から数か月で死に至ってしまう危険な状態となります。
かつては、尿毒症にかかると健康の回復は絶望的であると考えられていましたが、医療技術の進歩により、現在では血液透析や腎臓移植によって生存率も上がってくるようになりました。
専門医での治療(血液透析)をしっかり受けていれば、透析患者としての基本的な制限の下ではありますが、日常生活を送れるようになっています。
血液透析を受ける以上、時間の拘束や食事制限(特に塩分や水分制限)など制限された生活が強いられますが、みなさまその中で自分の趣味や食事を楽しまれております。

血液透析とは

     血液透析の実際
血液透析は(Hemo Dialysis)と呼ばれHDと称されます。
日本では血液透析を選ぶ患者が圧倒的に多く(全患者の96.9%)、末期腎不全の治療法として主流となっています。しかし世界的に見ると、ところによっては血液透析療法以外の治療法が主流の国もあります。例えば移植が普及している国では血液透析療法は移植までの経過措置的な治療法であったり、腹膜透析療法が主流の国もあります。
      シャント血管
血液透析は、血液を体内から外部へと出して機械を通して血液中の老廃物や不要な水分を除去し、きれいになった血液を再び体内に戻します。
血液透析では1分間に200ml程度の血液を体外に取り出す必要があり、これを長時間維持させるので、普通の血管ではこれだけの血液流量を確保できません。従って透析用シャント(動脈と静脈を繋ぎ合わせた血管)を作成する手術が必要となります。初回は利き腕の反対側、なるべく前腕の手首に近い部位、または親指の付け根に作成します。このシャントにより静脈への血流量が多くなる事で、静脈は太く発達し、シャント血管としての役割を果たします。
週に決まった回数、時間で治療を受ける血液透析では、まずシャント血管に脱血側(血液を引く方)と返血側(きれいにした血液を再び体内へ返す方)へ針を刺します。そして機械と接続し透析が開始されます。
一般的な血液透析の場合、1週間に2~3回程度、透析を行う病院に通いまたは入院し、3~4時間(長い方は5時間)かけて血液をきれいにしたり、余分な水分を除去したりします。
TOPへ戻る